高卒の就職に必要な5つの流れ


 就職を有利にする要素のひとつには、確かに学歴があるかもしれません。しかし、それだけでもありません。どうにかして就職したいと思うのであれば、効率化と有効化を考えた就職活動が求められます。それは一体どんな活動の仕方なのでしょうか。

 

 

就職準備で用意しておきたい引き出し

 

 就職活動の効率化を図るために必要なもののひとつが準備です。自己分析は効率化だけではなく、有効化も加速させます。高校時代のこと、バイト経験やボランティア経験、クラブ活動などのことを思い出し、仕事に繋がる部分を引き出しとして持っておきましょう。

 

 

【参考記事】
自己分析とは何かを知りましょう
応募は企業研究を行ってから
目的なしの就職は危険です

 

 

就職活動で活用可能な求人情報媒体

 

 求人情報収集で効率化・有効化を図るために最適なのが、就職サイトの活用です。他にも、参加する意義のあるセミナーなどには積極的に足を運ぶべきでしょう。就職希望者用のスカウト機能を持つサイトもあるため、こうした使えるものは躊躇無く使っておくことです。

 

 

【参考記事】
就職活動の効率を高めてくれる求人情報媒体
就職の失敗を防ぐために知っておくべき“良い求人”
絶対に避けたいブラック企業への就職

 

 

 

応募書類に記したい経験の数々

 

 学歴よりも大事なことは、高校時代までに、あるいは企業に応募する時までにしてきた経験の数々です。職務経歴書は書けなくとも、そうした経験を履歴書とは別にまとめて提出してもいいかもしれません。仕事や企業の考え方とリンクすれば、大きな武器へと一変します。

 

 

【参考記事】
正しい履歴書書き方を知ることは就活の基本です
志望動機は最大のアピールの場
自己PRを有効なものにする方法

 

 

 

企業や業界を知って、いざ面接へ

 

 仕事について何も知らないのはしょうがありません。しかし、企業や業界の研究をすることで、社会人経験がないにしても、働くことへの意欲を面接で示すことができるはず。研究をした上で、そこで得た知識を面接の随所で披露してみましょう。

 

 

【参考記事】
マナーの習得が採用への近道
就活にふさわしい服装で第一印象を大幅アップ!
しっかりとした面接対策で失敗を回避

 

 

 

入社準備で注意しておきたい点

 

 入社が決まってホッとしたのもつかの間、すぐに入社に向けた準備を整えなければなりません。その時に注意したいことは、契約書の類い。こうした書類は急いで提出する必要はありません。内容の精査をし、問題がなければ提出をする。これだけは忘れないでください。

 

 

【参考記事】
入社時の挨拶は印象が良ければOK
入社を決めるまでに会社と自分のことをチェック
内定後も就活の一部として過ごしましょう