正社員雇用の面接で気をつけるべきポイント

正社員に就職したいならまず身なりを整えろ

 近年の不況により、非正規雇用の問題が叫ばれ、多くのニュースで取り上げられていますが、何度も正社員として転職している方も多いのではないでしょうか。そこで正社員で雇用される方と、面接で落とされてしまう方の傾向を分析してみましょう。まず、雇用される方の大前提として、身なりが清潔であることが上げられます。身なりが不潔だとそれだけで面接は不利です。フケや爪が伸びていないかをチェックし、男性であれば髭、女性であれば髪の色等にも気をつけた方が良いでしょう。また、フリーターや社会経験の少ない方は、アルバイト感覚で私服で行く方も多いと思いますが、スーツで行くのが常識です。例え私服でもいいですよと言われてもスーツで行くことを心がけましょう。

 

面接は電話連絡から始まっている

 電話連絡をして、面接の日時を聞き面接をする際、電話連絡からすでに面接は始まっているものだということを知らない人が多いようです。電話の日時やその他の打ち合わせで面接官はその人の性格を大体把握できるものです。「この人は暗そうだ。」「この人はやる気があるな。」など、履歴書を見ながら面接官は電話をしているので、面接は電話で話すときから始まっているという事を覚えておきましょう。