大学卒の学歴の者が多い日本、価値が低下

誰もが大学を卒業しているような時代

 大学を卒業しているという事が就職活動において、有利だった時代は終わっています。大学卒業だからと言っても誰もが同様の条件であるならば、高卒で採用する予定だった職種までも、大卒で採用しなければならなくなるのです。飽和状態にあるため、競争率も高く、学歴が持つ意味、価値が変化しています。

 

自分が何をどのようにして仕事としていくのか

 大学を卒業して就職活動をするという事が当たり前になっているため、流れに乗るようにして就活をしている若者はとても多いです。自分の将来のビジョンを思い描いていたら、実はどこかの企業で就職する事が全てではない事も多いのです。起業をするつもりになれば、実は学歴は関係ないものです。

 

企業で経験して技術、経験をバネにする

 もちろん、社会人としての経験や実績を積むことも大切です。そして、技術がある人、経験がある人ほど企業でぬくぬくとしている事も多いです。しかし、それらの技術は企業以外の場でも生かすことが可能であり、個人としてのキャリアとして見つめる機会も大切です。また、企業に留まる事で本来発揮できたはずの機会を失っている場合も多々あるのです。金融機関などでも起業支援を行っています。若いうちの失敗はいくらでもやり直しができます。一つの道として模索しても良いのではないでしょうか。