書類選考を通過できません。どうしたらいいPRを書けるでしょう?

書類選考を通過できません。どうしたら魅力的な自己PRを書けるでしょうか?

 

転職活動をする中で、書類選考で苦労されているのですね。
履歴書を書く際に、転職を考える多くの人が学歴欄や職歴欄とは違い、
ペンが進まなくなる箇所なのではないでしょうか。
きっと、悩まれているのはあなただけではないと思います。

 

特に自己PRはそれだけその人らしさが出るポイントでもあり、
選考する側としては重要視している可能性がありますね。

好条件の人気職種では、1つの求人に対する応募も多くなり、
採用担当者は何十通という履歴書に目を通さないといけない場合もあります。
ですので、いかに採用担当者の印象に残るかというのが勝負の分かれ目かもしれません。

 

自己PRでは、文章の冒頭であなたが一番伝えたい「強み」を簡潔に書くことが大切になります。
すべての文章を読み終えるまで読み手に大切なポイントが伝わらないと、
それだけで印象に残ることは難しくなる可能性があります。

 

結論先行型の文章構成にするだけで、読み手の印象は強くなるだけでなく、
読み手によって文章から汲み取れるあなたの印象や伝えたい内容に差が生じにくくなります。
「一番伝えたいことは何か」を考え、その軸をもとに文章の骨組みを考えてみると良いでしょう。

 

 

次に、その強みの根拠となるエピソードを付け加えてみましょう。
具体的にどんな努力をしたのか、その結果はどうだったのかが明確だと印象に残りやすいと思います。
売り上げ向上や業績改善などに尽力された場合は数値的根拠を書き加えましょう。

 

また成功事例だけでなく、失敗した経験もあなたを知る上で貴重なエピソードになります。
ぜひそこからの成長や新しい気づきなどを具体的な内容と共に書き加えてみてください。
またその後この経験をどう活かしているのかがあることで、よりあなたらしい内容になると思います。

 

最後に、書いた文章を少し時間をおいて読み返すことや、
友人に読んでもらい客観的な意見をもらうことも伝わりやすい文章を書くヒントになるかもしれませんよ。