高卒の就職情報

1 高卒の就職の現状とは

 2014年の1月末のデータによると、高校新卒の内定率は、なんと約90%にものぼるとされています。つまり、高校を卒業と同時に職探しをした人のほとんどが、就職先をゲットし、正社員として勤務をしている、ということになのです。

 

 この数字は、ここ数年のデータと比較してみてもかなり高い方です。そのため、高卒就職の現状は、一昔前よりもどんどん改善されてきている、という事実をうかがうことができるでしょう。
 しかし一方で、高校新卒として正社員の職を得た後、何らかの事情によって違う職場への移動を考えたとき、つまり転職をするときは、就職活動ほど順調にはいかない、という声も、ちらほらとあります。

 

 やはり、大卒と比べると学歴差別を受けやすい上に、せっかく就職に成功しても、希望する待遇や給与を受けられないケースもあると言われています。

 

 ただ、だからといって、高卒の人々が全く就職をできない、ということはありません。高卒だからという、それだけの理由で仕事のスキルが大卒に劣ることはあまりありませんし、企業の業績に学歴が関与してくることもほとんどないでしょう。結局は、単なる学歴の差でしかないのです。

 

 それを踏まえ、自分にどのようなスキルがあるのかを把握し、自分を求めてくれる企業に売り込みをかけていくことが、成功の鍵になってくるでしょう。

 

 

2 高卒の就職の際のアピールポイント

 高校の新卒から就職活動を始めるとき、相手の企業にアピールしたいポイントは、いくつかあります。まずは、大卒よりも若くて体力があることです。若ければ若いほど強いとみなされることは多いため、体力を要する職場に応募すれば、内定をゲットする割合は高いでしょう。

 

 もう一つの強みは、若いゆえのコミュニケーション能力の高さです。謙虚で明るく、柔軟性にとんだ性格は、高卒ならでは持てる強みとも言われています。社会常識を身につけた上で、こうした性格を備えていると、会社内の雰囲気を向上したいと考える企業にとって、とても魅力的に見えるのだそうです。

 

 そして最後に、高校を卒業してから大学に進学せず、すぐに働き始める道を選んだという点は、大学ブランドの勝ちに疑問を呈し始めている企業から、高く評価をされる可能性があります。

 

 人事の中には、「大学に行って4年間も遊んでいるなんて」と、大学に対してマイナスのイメージを持っている人もいますので、そういう人事のいる企業は狙いどころかもしれません。

 

 一方で、高卒で就職を考えるなら、このようなアピールポイント以上に、自信を持って紹介できるスキルや資格などを持っていることが望まれます。前職があると良いですが、確固としたスキルや経験を持ち、さらに就職先で通用する資格についても勉強をしておかなければなりません。

 

 

3 高卒からの就職成功者の共通点とは?

 状況はだんだん良くなってきているものの、高卒からの就職活動は、厳しいというイメージが一般的です。しかし、それでも就職を成功させ、現在もはつらつとした社会人生活を送っている高卒の人々は、珍しくはありません。

 

 しかも、そうした人々は、何も特殊なスキルや、天才的な能力を持っているがゆえに成功したわけではないのです。当たり前のことをこつこつとこなし、それを成功に繋げているだけなのです。

 

 その「当たり前のこと」とは、まず情報収集です。就職をうまく進めるには、自分が就きたい仕事について、多くの情報を持っていることが必須になります。そのため、高卒からの就職に成功する人の多くは、希望する職種に関する情報が集まりやすいところにいることが多いです。

 

 具体的に言うならば、彼らは次の仕事につながるようなアルバイトや正社員体験をしたり、資格やスキルの勉強をしたりしています。例え厳しくても、常に新しい情報に触れられるような場所に自ら身を置き、あくなき学習を続けることにより、仕事探しの成功率をより高いものにしているのです。

 

 

4 転職サイトを活用して新しい情報をゲット!

 高校卒業後に就職を成功させるための情報を手に入れる場所としては、実際の職場の他、転職サイトもとても役に立ってくれます。
 リクルート系の企業によってプロデュースされている求人サイトには、全国有数の数の求人が集まってきているため、希望業種や職種に合った仕事の選択肢も、それだけ多くなるからです。

 

 また、こうした転職サイトの多くには、就職のプロであるアドバイザーが常駐していることもあります。アドバイザーとは個別に面談を行うことも可能で、就職の現状についての意見を得られることもありますし、サイトには就職に必要な様々な情報がありますので、常に新しい情報をゲットすることが可能です。

 

 なお、”転職”とは名づけてありますが、実際には職歴不問の求人も多数ありますため総合求人サイトと考えて問題無いでしょう。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
圧倒的な求人数を誇り、その中の約85%はリクナビNEXT独占の求人案件。登録するとより効率的に求人を探すことができます。
簡単1分登録公式サイトへ

 

 

5 転職サイトを使って仕事ゲット!成功者の声

 それでは、転職サイトを使って就職で実績を得た人々の声を聞いてみましょう。

 

 「転職サイトの多くでは、高卒向けや学歴不問などの条件を指定して求人を検索でき、とても便利だと思いました。」

 

 転職サイトの検索ツールでは、高卒向けや学歴不問の求人だけに絞って検索をすることができます。これは、就職や転職活動の手間を大いに省いてくれます。

 

 「転職サイトでは、転職に必要な情報を多く、そして効率的に得ることができました。ただの求人サイトではないのが良いと思いました。」

 

 転職サイトでは、ただ求人を検索するだけでなく、就職や転職に必要なノウハウについて調べることも可能です。

 

 

6 自信を持って積極的に頑張っていきましょう

 大卒に比べると職種によってはやや比べられる事もあるかもしれませんが、高卒は決して見劣りのする学歴ではありません。特別な職業ではない限り、学歴としては十分すぎるくらいのレベルなのです。

 

 それに加え、就職活動に必須なスキルと、企業が求めているポイントをうまくアピールすることができれば、仕事探しは必ず成功するでしょう。時には長い道のりになってしまうこともあるものの、不必要に卑屈にならず、自分の今まで勉強してきたことに自信を持ち、一歩一歩進んでいくと良いでしょう。